Tickets purchase
Videopass purchase

公式予選:P.エスパルガロが中量級で初のポールポジションを獲得

3度のフリー走行で1番時計を3回記録したエスパルガロが最速ラップをマーク。中量級2年目で初めてポールポジションを獲得すれば、フリー走行総合7番手のイアンノーネが2番手に浮上。レディング、スミス、マルケスが続き、ルティは7番手。日本勢は中上が17番手、高橋が28番手だった。

第6戦イギリスGPの公式予選は16日、シルバーストーンで行われ、ポル・エスパルガロがトップタイムをマーク。ポールポジションを奪取した。

気温15度。路面温度18度のドライコンディションの中、3度のフリー走行を連続して制したエスパルガロは、2分09秒台を最多の8回、2分08秒台を3回記録。2分08秒011の1番時計を刻み、2年目の中量級で初めてトップグリッドを獲得した。

フリー走行総合7番手のアンドレア・イアンノーネは、2分09秒台を4回、2分08秒台を3回記録。0.385秒差の2番手に入り、今季のベストグリッドを獲得。

フリー走行総合2番手のスコット・レディングは、2分09秒台を3回、2分08秒台を最多の4回記録。0.605秒差の3番手に入り、フリー走行総合3番手のブラドリー・スミスは、2分09秒台を4回、2分08秒台を1回記録。0.833秒差の4番手に進出。

午前のセッションで転倒を喫したフリー走行総合4番手のマルク・マルケスは、2分09秒台を4回、2分08秒台を1回記録。0.853秒差の5番手で、今季初めて1列目を逃した。

フリー走行総合10番手のクラウディオ・コルティは、0.872秒差の6番手に入り、今季の最高位に進出。

フリー走行総合8番手のトーマス・ルティは、2分09秒台を5回記録したが、今季のワーストグリッドとなる1.109秒差の7番手。ヨハン・ザルコ、アレックス・デ・アンジェリス、シモーネ・コルシがトップ10入り。

フリー走行総合19番手の中上貴晶は、2.143秒差の17番手。

フリー走行総合28番手の高橋裕紀は、3.753秒差の28番手だった。

Tags:
Moto2, 2012, QP

Other updates you may be interested in ›