Tickets purchase
VideoPass purchase

第7戦TTアッセン:Moto2™クラスプレビュー

第7戦TTアッセン:Moto2™クラスプレビュー

前戦でマルケスがポイントリーダーに返り咲き、エスパルガロが初のポール・トゥ・フィニッシュを決め、ランク2位に浮上。ランク3位のルティ、上り調子のイアンノーネ、レディングら、ヤングライダーたちが伝統のトラックで優勝を狙う。

第7戦TTアッセンは28日、TTアッセンで開催。30日の土曜に決勝レースを迎え、マルク・マルケスがポイントリーダーとして登場する。

今季5度目の表彰台を獲得して、ランク1位に返り咲いたマルケスは、2年前の125ccクラスでポール・トゥ・フィニッシュを決め、昨年は2番グリッドから終盤に抜け出して優勝、9戦連続表彰台をスタートさせたトラックにポイントリーダーとして乗り込む。

前戦でキャリア初のポール・トゥ・フィニッシュを決め、今季4度目の表彰台を獲得したポル・エスパルガロは、6ポイント差のランク2位に浮上。昨年は転倒リタイヤを喫していた舞台で、ポイント差を詰めに行く。

前戦で今季初めて優勝争いができず、5戦連続の表彰台を逃したトーマス・ルティは、6ポイント差のランク3位に後退。アッセンでは昨年8位、2年前に3位を獲得していた。

過去2年間と比較して安定感が増したランク4位、アンドレア・イアンノーネは、昨年12位だったが、2年前にポール・トゥ・フィニッシュを決めた伝統のサーキットで、トップ3とのギャップを詰めたいところ。

ランク5位のスコット・レディング、ランク6位のミカ・カリオ、ランク7位のクラウディオ・コルティ、ランク8位のブラドリー・スミスは、ルティ、イアンノーネと共に全戦でポイントを連取。安定した走りでポイントを確実に稼ぎに行く。

ランク14位の中上貴晶は、2008年に転倒リタイヤ、2009年に17位だったアッセンで今季4度目のポイント圏内進出を目指す。

序盤6戦を終え、デスグアセス・ラ・トーレ・SAGは、成績不振のアンヘル・ロドリゲスを解雇。まだ0ポイントの高橋裕紀、ロベルト・ロルフォ、アクセル・ポンス、新人3人のアレキサンダー・ルンド、マルコ・コランドレア、エレナ・ロセールは、今季初ポイントを狙う。

Tags:
Moto2, 2012, IVECO TT ASSEN

Other updates you may be interested in ›