初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

第7戦TTアッセン:MotoGP™クラスプレビュー

第7戦TTアッセン:MotoGP™クラスプレビュー

今週末も雨の可能性があるシリーズ7戦目のTTアッセン。ロレンソが初タイトルを獲得した2010年のシーズンを再現するように優勝と2位を連発すれば、ストーナーは2度目のタイトル獲得に成功した昨年とほぼ同じポイント数を獲得。優勝経験がある伝統のトラックで、3連戦の緒戦に挑む。

第7戦TTアッセンは28日、TTアッセンで開催。30日の土曜に決勝レースを迎え、ホルヘ・ロレンソがポイントリーダーとして登場する。

1949年からグランプリで唯一毎年開催される伝統のサーキット、TTアッセンで今年74回目を迎え、初日と決勝レース日に降水確率が高くなっている。

初タイトルを獲得した2010年シーズンを再現するように、6戦を終えて4勝と2位2回を獲得したロレンソは、2010年にポール・トゥ・フィニッシュを決め、当地で通算4勝を飾り、史上2人目の3クラス優勝を達成。昨年はオープニングラップで接触転倒を喫したが、6位まで巻き返した。

25ポイント差のランク2位、ケーシー・ストーナーは、序盤6戦を終え、タイトルを獲得した昨年と比較すると、僅か1ポイント不足。2008年の独走優勝をはじめ、アッセンでは最高峰クラス1年目の4位を除き、5年連続して表彰台を獲得している。

39ポイント差のランク3位、ダニ・ペドロサは、2002年にキャリア初優勝を飾り、昨年は負傷欠場したが、最高峰クラスで3度の表彰台を獲得。トップ2にプレッシャーをかけに行く。

ホームレースで14人抜きを演じたランク4位のカル・クラッチローは、6戦を終えて66ポイントを稼ぎ、昨年1年間で獲得した70ポイントまで、あと4ポイントに接近。昨年は鎖骨骨折から復帰して、ポイント圏内に進出していた。

ランク5位に後退したアンドレア・ドビツィオーソは、昨年の3位が最高位。前戦は転倒を喫したが、2戦連続して表彰台争いを演じ、ヤマハでのパフォーマンスが向上している。

ランク6位のバレンティーノ・ロッシは、2002年に3クラス優勝を達成し、通算7勝を飾れば、ランク9位のニッキー・ヘイデンも2006年に優勝経験があり、ワールド・ドゥカティ・ウィークを経て、3連戦の緒戦に乗り込む。

2度のオフィシャルテストで試したスイングアームとサスペンションにより、フィーリングと戦闘力が向上したランク7位のアルバロ・バウティスタは、3年目の最高峰クラスで初のポールポジションを獲得して、初めて表彰台争いを展開。2008年に優勝経験があるトラックで、ファクトリー勢に再度挑戦すれば、ランク8位のステファン・ブラドルは、7戦連続のシングルフィニッシュを狙う。

前戦で今季初めてトップを走行して、今季最高位の5位に進出したベン・スピースは、昨年キャリア初優勝を飾った舞台で、ランク11位からの脱出を目指す。

CRT勢では、マティア・パシーニが2007年に125ccクラスで優勝。コーリン・エドワーズが、2005年と2008年に3位、2006年には最終コーナーまで優勝争いを展開していた。

Tags:
MotoGP, 2012, IVECO TT ASSEN

Other updates you may be interested in ›