初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

デスグアセス・ラ・トーレ・SAG、D.カドリンを召集

デスグアセス・ラ・トーレ・SAG、D.カドリンを召集

ストップ・アンド・ゴーは、解雇したロドリゲスの後任に、世界耐久選手権で活躍する豪州人ライダーのカドリンを指名。次戦のドイツGPまで、ビモータを走らせることが決まった。

デスグアセス・ラ・トーレ・SAGは27日、明日TT・サーキット・アッセンで開幕する第7戦TTアッセンに、ダミアン・カドリンを起用することを発表した。

世界耐久選手権で頭角を現した29歳のオーストラアリ人ライダーは、2010年にドイツ選手権スーパースポーツクラスでタイトルを獲得。カレックスのテストライダーを務めていた同年には、負傷代役として第8戦ドイツGPにデビューすると7位に進出。昨年の第15戦日本GPと第16戦オーストラリアGPでは、負傷代役として最高峰クラスに参戦していた。

今年は2月1日にQMMF・レーシングからのフル参戦が決まり、3度のオフィシャルテストに参加。世界耐久選手の継続参戦を加え、ダブル参戦を予定していたが、開幕直前の3月30日に解雇。

スパニッシュチームは、6月19日に2年契約を結んでいたアンヘル・ロドリゲスを解雇。カドリンを次戦ドイツGPまでの2戦に起用することを決定した。

「グレートなチャンス。あまり起こらない機会を最大限に活かしたい。過去、世界のベストライダーたちと走り、それほど悪くなかったから、上手くやれると思う。アッセンは、2010年のオランダ選手権に参戦したから、トラックを把握している。それに、スーパースポーツクラスで優勝したから、今回も上手くやりたい。もう一度、Moto2マシンを乗りたい」と、意気込みを語った。

Tags:
Moto2, 2012, IVECO TT ASSEN, Desguaces La Torre SAG

Other updates you may be interested in ›