Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行1:P.エスパルガロが2戦連続3度目の1番時計発進

フリー走行1:P.エスパルガロが2戦連続3度目の1番時計発進

ランク2位のエスパルガロが、前戦でキャリア初のポール・トゥ・フィニッシュを達成した勢いに持ち込むように、2戦連続3度目の1番時計発進。ランク4位のイアンノーネが2番手に入り、ラバット、ルティ、コルティがトップ5入り。ポイントリーダーのマルケスは6番手。中上は16番手、高橋はFTRに乗り換え、22番手だった。

第7戦TTアッセンのフリー走行1は28日、TT・サーキット・アッセンで行われ、ポル・エスパルガロがトップタイムをマークした。

気温22度。路面温度25度のドライコンディションの中、ランク2位のエスパルガロは、1分39秒台を3回、1分38秒台を5回記録。1分38秒996の1番時計を刻み、2戦連続して最初のセッションを制した。

ランク4位のアンドレア・イアンノーネは、1分39秒台を最多の9回、1分38秒台を1回記録。0.155秒差の2番手に進出。

ランク9位のエステベ・ラバットは、1分39秒台を4回記録して、0.853秒差の3番手。ランク3位のトーマス・ルティは、1分39秒台を4回記録して、0.885秒差の4番手。

ランク7位のクラウディオ・コルティは、1分39秒台を4回記録した後に転倒を喫したが、0.896秒差の5番手に進出。

ポイントリーダーのマルク・マルケスは、1分39秒台を6回記録。0.899秒差の6番手に入り、ランク5位のスコット・レディングが、1分39秒台を8回記録して、0.913秒差の7番手で続いた。

シューターからFTRに乗り換えたランク15位のアレックス・デ・アンジェリスは、0.953秒差の8番手。シモーネ・コルシ、トニ・エリアスがトップ10入り。

ランク14位の中上貴晶は、1分40秒台を7回記録して、1.663秒差の16番手。シューターからFTRに乗り換えた高橋裕紀は、最終ラップに1分40秒台に乗せて、1.917秒差の22番手だった。

Tags:
Moto2, 2012, IVECO TT ASSEN, FP1

Other updates you may be interested in ›