Tickets purchase
Videopass purchase

決勝レース:C.ストーナーが今季3勝目を達成

オープニングラップでポイントリーダーのロレンソが今季初めての転倒リタイヤを喫すると、ランク2位のストーナーがランク3位のペドロサを抑えて、今季3勝目を達成。ロレンソと同ポイントに並ぶと、ドビツィオーソが今季2度目の3位表彰台を獲得。ロッシはリアタイヤを交換して、1ラップ遅れの13位だった。

第7戦TTアッセンの決勝レースは30日、TT・サーキット・アッセンで行われ、ケーシー・ストーナーが優勝を飾った。

気温23度。路面温度37度のドライコンディションの中、ポールポジションのストーナーは、ホールショットを決めたダニ・ペドロサをピッタリとマークすると、ラスト10ラップに抜き、第3戦ポルトガルGP以来となる今季3勝目を飾った。

ウォームアップ走行を制した2番グリッドのペドロサは、終盤に入ってから方向転換に苦戦したが、3戦連続6度目の表彰台を獲得。

7番グリッドのアンドレア・ドビツィオーソは、6番グリッドのベン・スピースとのバトルに競り勝ち、今季2度目の3位表彰台を獲得すれば、スピースは今季の最高位に進出。

5番グリッドのカル・クラッチローは、スタートで12番手まで後退したが、今季5度目のトップ5入りを達成。ニッキー・ヘイデン、エクトル・バルベラが続いた。

12番グリッドのランディ・ド・プニエは、8位に入り、CRTのシーズンベストリザルトを獲得。ミケール・ピロ、マティア・パシーニがトップ10入り。

10番グリッドのバレンティーノ・ロッシは、リアのハードタイヤを選択したが、ラスト11ラップ目にピットインを決断して、タイヤを交換。1ラップ遅れの13位でフィニッシュ。

8番グリッドのアルバロ・バウティスタは、スタート直後の1コーナーで転倒。3番グリッドのホルヘ・ロレンソに激突して、2人が転倒すれば、4番グリッドのステファン・ブラドルは、4番手走行中の2ラップ目に今季初の転倒リタイヤ。左手を骨折しているカレル・アブラハムは、大事を取ってレースをキャンセルした。

チャンピオンシップは、今季初の転倒リタイヤを喫したロレンソが優勝数でポイントリーダーの座を維持。ランク2位のストーナーが同ポイントで並び、ランク3位のペドロサは19ポイント差に接近した。

次戦ドイツGPは、来週6日にザクセンリンクで開催。8日に決勝レースが行われる。

Tags:
MotoGP, 2012, RAC

Other updates you may be interested in ›