初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ルーキーズカップ:2ラウンド連続してドイツ旋風

ルーキーズカップ:2ラウンド連続してドイツ旋風

次戦のドイツラウンドを前にドイツ出身のアルトが前戦シルバーストーンラウンドから4レースで3勝を挙げて、ポイントリーダーに初浮上。前戦で初優勝を飾ったドイツ出身のエッテルが連続して表彰台を獲得。渡辺は21位と転倒リタイヤだった。

レッドブル・ルーキーズ・カップの4戦目は週末、TT・サーキット・アッセンで開催。レース1とレース2でフロリアン・アルトが連続優勝を飾り、ポイントリーダーに躍り出た。

レース1は、10人による優勝争いが展開され、ドイツ出身の16歳アルトが2番手グリッドから僅少さで競り勝ち、ドイツ出身の16歳フィリップ・エッテル、ポルトガル出身の15歳イヴォ・ロペスが表彰台を獲得。

レース2では、7人による優勝争いをアルトが制し、スペイン出身の15歳マルコス・ラミレス、エッテルが表彰台に並んだ。

前戦は予選で転倒したことから大事を取って欠場した渡辺ユヰは、19番グリッドからレース1で21位、レース2では、転倒リタイヤを喫した。

チャンピオンシップは、今季4勝目を飾ったアルトがランク1位に飛び出し、唯一全レースでポイントを連取しているランク2位のエッテルに8ポイント差のアドバンテージをつけた。

次戦はザクセンリンク。7月7日にレース1、8日にレース2が行われる。

Tags:
MotoGP, 2012, IVECO TT ASSEN

Other updates you may be interested in ›