初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ザクセンリンクの歴史を築いた50台のバイクが集結

ザクセンリンクの歴史を築いた50台のバイクが集結

ザクセンリンク開業85周年を記念して、50台を超える歴史的な名車とレジェンドライダーたちが集結。リードとクラッチロー、ヘルムートとステファンのブラドル親子がストレートを疾走した。

第8戦ドイツGPの開催を前日に控えた5日、サーキット85周年を記念して、サーキットの歴史を刻んだ約50台を超えるバイクとチャンピオンシップの歴史に名を刻んだレジェンドライダーたちが集結した。

イギリス出身のフィル・リードは、1968年に250ccクラスのタイトルを獲得したヤマハRD05で、同胞のカル・クラッチローと登場。

ドイツ出身ヘルムート・ブラドルは、1991年に250ccクラスでランク2位に進出したHBホンダNSR250で、息子ステファンと共に、メインストレートを疾走した。

レジェンドライダーのアンヘル・ニエト、ジム・レッドマン、アントン・マングをはじめ、マックス・ノイキルヒナー、サンドロ・コルテセ、マンセル・シュレッター、ジョナス・フォルガー、トニー・フィンスターブッシュらもイベントに駆けつけた。

Tags:
MotoGP, 2012, eni MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND

Other updates you may be interested in ›