Tickets purchase
VideoPass purchase

第8戦ドイツGP:プレスカンファレンス

シリーズ8戦目の開幕を前日に控え、同ポイントに並んだポイントリーダーのロレンソとランク2位のストーナー、2度目して表彰台を獲得したドビツィオーソ、ホームデビューを迎えるブラドル、CRT勢を代表してパシーニが共同会見に出席した。

第8戦ドイツGPのプレスカンファレンスは5日、ザクセンリンクのプレスカンファレンスルームで行われ、グランプリの主役たちが出席した。

前戦今季初の転倒リタイヤを喫したポイントリーダーのホルヘ・ロレンソは、「転んだとき、少し痛みを感じたけど、数時間後に右足首が腫れたから、翌日にバルセロナの病院で検査を受けた。靭帯を傷め、右足を地面につけられないけど、バイクの上では大丈夫だろう。」

「ネガティブなレースだった。完走できず、1ポイントも稼げず、エンジンを1基失ってしまった。とにかく、状況はアッセンンの前により難しいけど、困難な状況に立ち向かうことが好き。仕事を続け、優勝にトライするために、モチベーションが高い」と、週末の意気込みを語った。

前戦の優勝でポイントリーダーに追いついたランク2位のケーシー・ストーナーは、「アッセンは本当にタフな週末だった。転倒でケガを負ってしまい、ものごとが難しかったけど、今週末は問題がないことを願う。ここのトラックは、アッセンほど身体面に対して厳しくないから、大丈夫だと思う。」

「フルスロットルは、特に今は1000ccを走らせるから、ほんの僅かの区間しかない。多くの時間でタイヤのエッジを使うから、タイヤを大きく消耗する。スロットルを開けたいけど、あまり開けられない。タイヤ温度が高いか、コンパウンドが硬いか、いずれかの理由でグリップしない。チャレンジングなサーキットだけど、過去には良い成功があった」と、トラックの攻略を説明した。

前戦で今季2度目の表彰台を獲得したランク5位のアンドレア・ドビツィオーソは、「ここ3戦はとても速かった。バルセロナで初めて表彰台を獲得して、シルバーストーンでは表彰台を争う可能性があったけど転んでしまった。そして、アッセンでもう一度表彰台を獲得した。」

「僕たちは速いけど、十分ではない。ロレンソはバイクのポテンシャルをもっと使っている。これは、バイクをもっと改良できるという意味。これが僕たちの目標だ。バイクのフィーリングは良くなっている。僕たちのバイクは、ファクトリーバイクに非常に近く、ヤマハから多くのサポートを受けているから、彼らと一緒に走れる可能性があると思う」と、状況を説明した。

ホームで最高峰クラスのデビューとなるランク9位のステファン・ブラドルは、「MotoGPライダーとしてここに来たことは特別だけど、バイクの上でパフォーマンスをしなければいけない。それが好きだ。シーズン前に言ったように、常に10位ならば、ここにいる理由はない。もっと良くしたい。ストレスの週末となるけど、それをコントロールできる。MotoGPマシンでサーキットを見てみたい。」

「アッセンの転倒を話題にしたくない。馬鹿げたミスだったけど、そこから学び、将来に向けて良くして行きたい。ザクセンリンクは、お気に入りのサーキットではないけど、ドイツにいることがいい」と、ホームレースへの抱負を語った。

CRTとして最高峰クラスに初挑戦するランク15位、CRT勢の4番手に進出するマティア・パシーニは、「MotoGPクラスで走れるグレートな機会で、グレートなシーズンだ。世界のベストライダーたちが集まる中で、ここにいることは悪くない。CRTは当然ファクトリーマシンではないけど、チャンピオンシップを闘うために100%を尽くしている。CRT勢のトップでフィニッシュするためにステップしたい」と、目標を語った。

Tags:
MotoGP, 2012, Casey Stoner, Mattia Pasini, Jorge Lorenzo, Yamaha Factory Racing, Repsol Honda Team, Speed Master, LCR Honda MotoGP, Monster Yamaha Tech 3

Other updates you may be interested in ›