初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.デアンジェリス、ザクセンリンクで2年連続してシーズンの初表彰台を獲得

A.デアンジェリス、ザクセンリンクで2年連続してシーズンの初表彰台を獲得

FTRに乗り換えて、2戦目で今季初の表彰台を獲得したデ・アンジェリスは、ランク15位から10位に浮上。残りのシーズンで毎戦トップ5入りのバトルができる確信を掴んだ。

NGM・モバイル・フォワード・レーシングのアレックス・デ・アンジェリスは、第8戦ドイツGPの決勝レースで、今季最高の8番グリッドからシーズンのベストリザルトとなる3位。2年連続して、ザクセンリンクでシーズンの初表彰台を獲得した。

チームの決断により、前戦でシューターからFTRに乗り換えると、シーズンのベストリザルトとなる5位に進出。チャタリングの問題を抱えながら、幸先の良い再スタートを切ると、フル参戦3年目の2002年にキャリア初の表彰台を獲得してから6年連続して表彰台を連取。最高峰クラスに参戦した2008年と2009年には連続して4位に進出したトラックに挑戦。

フリー走行1で5番手に入り、今季のベストスタートを切ると、フリー走行3で2番手、公式予選では今季のベストグリッドとなる8番手に進出。

決勝レースでは、スタートで15番手に後退したが、10ラップ目にトップグループに追いつくと、三つ巴による優勝争いを演じた。

「アッセンの1ラップ目から、このバイクに満足。僕を信じてバイクを変更してくれたチームに感謝したい。アッセンでこのバイクを初めて走らせたときにベストリザルトを獲得でき、さらにプッシュして、プッシュすると、ザクセンリンクのレコードラップをマークした。」

「レース距離におけるバイクの特性が解った。序盤は良い。終盤に調整が必要な問題が見つかった。まだ、このバイクで走り込んでいないから、ムジェロでこの問題の改善に取り組もう。残りのシーズンでトップ5入りのバトルができることは確かだ」と、ランク10位からの巻き返しに自信を見せた。

Tags:
Moto2, 2012, eni MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND, Alex de Angelis

Other updates you may be interested in ›