初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

第9戦イタリアGP:Moto2™クラスプレビュー

第9戦イタリアGP:Moto2™クラスプレビュー

前半戦のラストレースに挑む中量級のヤングライダーたち。2連勝で一気にライバルたちとのアドバンテージを広げたポイントリーダーのマルケスに、エスパルガロ、ルティ、イアンノーネ、デ・アンジェリスらが挑戦。高橋は初ポイントを稼ぎに行く。

第9戦イタリアGPは13日、ムジェロ・サーキットで開催。15日に決勝レースを迎え、マルク・マルケスがポイントリーダーとして、前半戦のラストレースに挑戦する。

今季5度目の表彰台を獲得した第6戦イギリスGPでランク1位に返り咲いたマルケスは、2戦連続のポール・トゥ・フィニッシュ、今季4勝目を挙げて、一気にライバルたちとのポイント差を広げ、2010年と2011年に優勝を挙げた高速トラックに乗り込む。

2戦連続して週末3度のフリー走行を連続して制したポル・エスパルガロだったが、転倒と4位により、ギャップがシーズン最大の43ポイント差に広がったが、2度の表彰台を獲得した舞台で、少しでもポイント差を詰めたいところ。

第5戦カタルーニャGPで4戦連続の表彰台を獲得して、ポイントリーダーに浮上したトーマス・ルティだったが、その後は8位、転倒リタイヤ、5位で、45ポイント差のランク3位に後退。2010年に4位、2011年は24番グリッドから6位まで巻き返したトラックで、上位進出を目指す。

48ポイント差のランク4位、アンドレア・イアンノーネは、安定したパフォーマンスでトップ5入りを連発。前戦は優勝争い中に転倒を喫したが、今週末は2年前にポール・トゥ・フィニッシュ、昨年は5位に進出したホームトラックで仕切り直す。

マーク・VDS・レーシングのスコット・レディングとミカ・カリオは、安定してトップ10に進出するだけでなく、3戦連続して表彰台を獲得。後半戦のさらなる飛躍に向けて、前半戦のラストレースで上位進出を狙う。

マシン変更で唯一結果を出したのは、アレックス・デ・アンジェリス。TTアッセンで5位に入りと、ザクセンリンクでは優勝争いから3位を獲得。勢いに乗って、ホームレースに乗り込めば、高橋裕紀は電子系のトラブルでリタイヤを強いられたが、車体変更とフロントフォーク変更で本来のパフォーマンスを取り戻し始め、前半戦の最後で初ポイントだけでなく、際立つ走りを見せる必要がある。

ランク15位の中上貴晶は、前戦の問題だったフロントの接地感を取り戻し、チームのホームレースで今季5度目のポイント圏内に進出して、前半戦を締め括りたいところ。

Tags:
Moto2, 2012, GRAN PREMIO D'ITALIA TIM

Other updates you may be interested in ›