Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行3:M.ビニャーレスが初の1番時計3連発

初日を制したビニャーレスが、26戦目で初めて3度のセッションで最速ラップを3連発。初日総合3番手のケントが2番手に浮上すれば、地元出身の新人アントネッリが3番手、コルテセ、コーンフェールが続き、腹痛により初日をキャンセルした藤井は初めてムジェロを走行して35番手だった。

第9戦イタリアGPのフリー走行3は14日、ムジェロ・サーキットで行われ、マーベリック・ビニャーレスがトップタイムをマーク。3度のフリー走行を制した。

気温23度。路面温度30度のドライコンディションの中、初日2度のセッションを制したビニャーレスは、1分59秒台を2回記録した後、1分58秒530の1番時計を刻み、キャリア26戦目で初めて3度目のセッションを連続して制した。

初日総合3番手のダニー・ケントは、1分59秒台を2回、1分58秒台を1回記録。0.146秒差の2番手に進出。

地元出身の新人ニッコロ・アントネッリは、フリー走行1から5番手、4番手に進出した後、1分59秒台を2回記録して、0.506秒差の3番手に浮上。

初日総合7番手のサンドロ・コルテセは、1分59秒台を最多の7回記録。0.767秒差の4番手に進出すると、初日13番手のヤコブ・コーンフェールは、最多の18ラップを周回。1分59秒台を5回記録して5番手に浮上。ルイス・ロッシ、アレックス・リンス、ロマーノ・フェネティ、エフレン・バスケス、ブラッド・バインダーがトップ10入り。

腹痛により初日をキャンセルした藤井謙汰は、2度のコースインで16ラップを周回。トップから5.736秒差、34番手から1.874秒差の最後尾35番手だった。

Tags:
Moto3, 2012, FP3

Other updates you may be interested in ›