Tickets purchase
VideoPass purchase

決勝レース:M.ビニャーレスが僅少さで今季5勝目

3人による優勝争いがゴールラインまで展開され、ポールポジションのビニャーレスが0.020秒差で優勝。フェナティが2位、コルテセが3位に入り。アントネッリが4人による4位争いに競り勝ち、35番グリッドの藤井は25位だった。

第9戦イタリアGPの決勝レースは15日、ムジェロ・サーキットで行われ、マーベリック・ビニャーレスが優勝。2戦ぶり今季5勝目を飾った。

気温24度。路面温度40度のドライコンディションの中、週末全セッションを制したポールポジションのビニャーレスは、13ラップ目にグループの前に飛び出すと、リズムアップ。ラスト7ラップからロマーノ・フェナティ、サンドロ・コルテセと優勝争いを展開して、僅少0.020秒差で競り勝った。

8番グリッドのフェナティは、第2戦スペインGP以来今季3度目の表彰台を獲得すれば、2番グリッドのコルテセは、0.071秒差の3位。

6番グリッドのニッコロ・アントネッリは、4人による4位争いに僅少さで制して、地元で自己最高位を獲得。ウォームアップ走行で2番手に進出した5番グリッドのダニー・ケント、4番グリッドのエフレン・バスケス、3番グリッドのアレックス・リンスが続き、ヤコブ・コーンフェール、ズルファミ・カイルディン、エクトル・ファウベルがトップ10入り。

35番グリッドの藤井謙汰は、25位でフィニッシュ。

9番グリッドのルイス・サロンは、4ラップ目に12番グリッドのアルベルト・モンカヨに接触。2人が転倒リタイヤを喫した。

チャンピオンシップは、5戦連続8度目の表彰台を獲得したコルテセがポイントリーダーの座を維持。ランク2位のビニャーレスが、9ポイント差にギャップを詰めた。

次戦は、8月17日にインディアナポリス・モーター・スピードウェイで開催。19日に決勝レースが行われる。

Tags:
Moto3, 2012, RAC

Other updates you may be interested in ›