初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

T.エリアス、チームからの離脱を決意

T.エリアス、チームからの離脱を決意

成績不振からの脱出を図るためにマシン変更を主張したエリアスとシューターの戦闘力を評価し、一緒に解決策を追求しようとするチーム側の意見が合わず、2010年王者は離脱を決意。両者合意の上で、別々の道を進むこととなった。

マプフレ・アスパル・チームは15日、第9戦イタリアGPの決勝レース後、トニ・エリアスと合意の上、契約を解除することを発表。サマーブレーク明けの次戦インディアナポリスGPから始まる後半戦に向けて、後任を探すこととなった。

最高峰クラスから2度目のタイトルを獲得するため、古巣の戻って来たエリアスだったが、プレシーズンのテストからリアのトラクション不足に悩まされ、公式予選後、改めてマシンの変更を要求したが、チーム側は2年連続してコンストラクター部門のタイトルを獲得し、今季はマルク・マルケスとトーマス・ルティが上位に進出することから、2010年から使用するシューターの継続を主張。双方合意により、契約を解除することとなった。

前半戦9戦を終え、ランク15位に低迷したエリアスは、「このチームでキャリアを続けられないことが残念。チームはプレシーズンから全力を尽くしてくれた。僕がシューターで速く走れるように一緒になって解決策を探してくれたけど、見つからなかった。」

「チームの雰囲気は常に最高で、全てのメカニックたちが解決策を見つけるために協力してくれ、ホルヘは全面的に僕を信頼してくれたけど、ものごとは期待通りに行かなかった。最終的に別れることを決めた。まだ後半戦があり、チームと僕はリアクションを起こすことができる」と、継続参戦に向けて、新たな可能性を探すことを説明。

チームマネージャーのホルヘ・マルティネス・アスパルは、「我々はプレシーズンの最初からトニに大きく賭けていました。250ccクラスに所属したとき、とても速いライダーであることを証明し、2010年にはMoto2クラスのタイトルを獲得しました。」

「チームの目標は、常にクラスを代表するチームになり、明白なタイトル候補になること。今年はトニに信頼を寄せていましたが、期待通りにものごとが進みませんでした。お互いに別々の道を進むことが、トニとチームにとって最善だと思います」と、契約解除の理由を説明した。

チームは、スペイン選手権に参戦するスペイン人ライダーを中心に後任に探す。

Tags:
Moto2, 2012, GRAN PREMIO D'ITALIA TIM, Toni Elias, Mapfre Aspar Team Moto2

Other updates you may be interested in ›