初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.マルケス、後半戦からのフル参戦が決定

A.マルケス、後半戦からのフル参戦が決定

マクル・マルケスの弟アレックスが、スペイン選手権とワイルドカードの活躍に評価され、後半戦からのレギュラー参戦が決定。アンブロージョ・ネクス・レーシングからホンダエンジンを搭載するシューターを走らせる。

モンラウ・コンペティションは18日、アレックス・マルケスが第11戦インディアナポリスGPからアンブロージョ・ネクス・レーシングから参戦することを発表した。

Moto2クラスに参戦するマルク・マルケスの弟アレックスは、チーム・カタルーニャ・カイシャ・レプソルのジュニアチームから昨年初参戦したスペイン選手権125GPで、チームメイトのアレックス・リンスと最終戦までタイトル争いを展開。

今年は、同選手権Moto3クラスに参戦すると、リンスの負傷代役として、ワイルドカード参戦を視野に入れ、2度のオフィシャルテストに参加。第2戦スペインGPにワイルドカードとしてデビューすると12位に進出。第3戦ポルトガルGPでは、初挑戦のエストリル・サーキットで5位争いを展開して15位。ホームレースとなった第5戦カタルーニャGPでは、2位争いの末に6位を獲得。ファーステストラップをマークしていた。

スペイン選手権では、ワイルドカード参戦をきっかけに、2戦目からホンダからシューターに乗り換え、4戦を終え、ポイントリーダーに立っている。

「アンブロージョ・ネクス・レーシングがチャンスをくれて嬉しい。期待していなかったから、これからのシーズンに向けてモチベーションが高まる。第一目標は今週末のスペイン選手権。グランプリでは、走ったことがないサーキットで経験を積みたい」と、抱負を語った。

モンラウ・コンペティションのチームマネージャー、エミリオ・アルサモーラは、「アンブロージョ・ネクス・レーシングと合意できたことに満足です。これにより、アレックスの育成プログラムを拡大させ、スペイン選手権のタイトル争いに向けて、大きな経験を与えてくれるでしょう」と、後半戦からの参戦を歓迎した。

アンブロージョ・ネクス・レーシングは、成績不振からの脱出を図り、オーラル・エンジニアリングとのコラブに終止符を打ち、チーム・エストレージャ・ガルシア・0.0のパフォーマンスを参考に、第4戦フランスGPからホンダエンジンを搭載するシューターに変更していた。

Tags:
Moto3, 2012, Ambrogio Next Racing

Other updates you may be interested in ›