初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

スペイン選手権、後半戦から世界に飛び出すマルケス&トーレスが好走

スペイン選手権、後半戦から世界に飛び出すマルケス&トーレスが好走

第11戦インディアナポリスGPからのレギュラー参戦が決定したMoto3クラスのマルケスとMoto2クラスのトーレスが好走。マルケスは今季2勝目を飾れば、トーレスは転倒を喫したが、2人がポイントリーダーを堅守。渡辺が初表彰台を獲得。小山は4戦連続のトップ10入りを果たした。

スペイン選手権の5戦目は週末、アルバセテ・サーキットで開催。Moto3クラス、Moto2クラス、ストックエクストリームの3クラスが開催された。

Moto3クラスは、スペイン、イタリア、ドイツ、イギリス、フランス、ベルギー、アルゼンチン、ベネズエラ、オーストラリア、日本の10ヶ国から32人が参加。

ポールポジションのアレックス・マルケスは、今季2勝目。4戦連続のトップ2入りで、ポイントリーダーの座を堅固とすれば、11番グリッドのルカ・アマトは、最終ラップに逆転でして2位に進出。

5番グリッドの渡辺陽向は、スタートからトップグループ内で走行。3位に入り、初表彰台を獲得した。 

Moto2クラスは、スペイン、スウェーデン、アメリカ、メキシコ、コロンビア、アルゼンチン、マレーシア、カタール、日本、南アフリカの10ヶ国から23人が参加。

ポールポジションのジョルディ・トーレスは、トップ単独走行中のラストラップに転倒すれば、同選手権に復帰した2番グリッドのアンヘル・ロドリゲスが、2ラップ目に転倒。チャタリングの問題を解決できないことから、シューターからアリアネに変更した5番グリッドのケニー・ノエスが2位争い中に転倒。

上位陣が相次いで転倒した中、安定した走りを見せた4番グリッドのロマン・ラモスが初優勝を飾り、ランク2位に浮上。ポイントリーダーのトーレスに4ポイント差に接近した。

11番グリッドの小山知良は10位に入り、4戦連続してトップ10入り。

ストックエクストリームは、29人が参戦。アドリアン・ボナストレが今季初優勝。ポールポジションのカルメロ・モラーレスが2位に入り、タイトル獲得に王手をかけた。

次戦は、当地アルバセテ・サーキットで連続開催。9月9日に決勝レースが行われる。

Tags:
MotoGP, 2012

Other updates you may be interested in ›