初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ダンロップが8月上旬に来季のタイヤテストを実施

ダンロップが8月上旬に来季のタイヤテストを実施

ダンロップが来年型のフロント、リアタイヤのスペックを開発する目的で、シューター、カレックス、FTRのライダーたちを召集して、南フランスでテストを実施する。

Moto2クラスにタイヤを供給するダンロップは、8月3日から2日間、フランス・モンペリエ近郊のミルヴァル・サーキットで、来年型のタイヤ開発する目的に、プライベートテストを実施する。

現時点では、FTRとシューターの代表として、アレックス・デ・アンジェリスとドミニケ・エジャーターが参加。カレックスの代表として、ポル・エスパルガロの参加が予定されていたが、前戦イタリアGPで右足首を強打したことから、代役を探している。

ダンロップ・スポーツのコーディネーターを務めるクリントン・ハウは、「ダンロップは、世界のベストライダーが参戦するベストなカテゴリーであるMoto2クラス用タイヤの開発を継続します。2011年や2012年にように、ファーストテストラップの更新を継続したければ、ベストタイヤの提供を継続しなければいけません。」

「2010年の3月にスタートしてから、ダンロップはタイヤが継続的に改善されました。我々は常にライダーからの意見を聞き、その意見を基に改善してきました。この流れが続くことを期待します」と、開発テスト実施の理由を説明した。

Tags:
Moto2, 2012

Other updates you may be interested in ›