初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロレンソは好調維持へ、スピースは状況の一転を目指す

ロレンソは好調維持へ、スピースは状況の一転を目指す

ポイントリーダーのロレンソは、サマーブレーク前のラグナセカで、前半戦の好調を維持することを目標に設定すれば、期待通りのパフォーマンスを発揮できないでいるスピースは、ホームレースで前半戦の悪い流れに終止符を打つことを誓った。

ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームのホルヘ・ロレンソとベン・スピースは、後半戦の開幕、第10戦アメリカGPに挑戦。好調の維持と状況の好転を目標に、ラグナセカに乗り込む。

前戦で今季5勝を飾ったポイントリーダーのロレンソは、初挑戦となった2008年に4番グリッドから転倒を喫したが、2009年から3年連続してポールポジションを獲得。3位、優勝、2位と連続して表彰台を獲得している。

「アッセンを除いて、優勝、もしくは2位でフィニッシュして、ここまではとてもストロングなシーズンとなっている。アドバンテージをもう少し広げるために、この調子を続けたい。」

「ラグナセカでは、いつもグレートなレースで、いつも表彰台を獲得した。大好きなサーキット。コークスクリューは素晴らしい」と、4年連続の表彰台連取に向けて自信を見せた。

前戦は体調不良に苦しみ、オフィシャルテストの欠場を強いられたランク10位のスピースは、ホーム2連戦の緒戦で前半戦の流れを断ち切り、浮上のきっかけを掴みたいところ。

「ファンの前で走ることはいつも特別。ここまでは非常に厳しいシーズンだったけど、ここで状況を一転させよう。ファンにグッドなスペクタクロを提供して、後半戦に向けて流れを変えよう。」

「AMA時代にはグッドなリザルトを獲得した。MotoGPでも悪くなかった。週末に知人たちに会えることは最高だ」と、2年前の6位、昨年の4位に並ぶ成績と好走を誓った。

Tags:
MotoGP, 2012, RED BULL U.S. GRAND PRIX, Ben Spies, Jorge Lorenzo, Yamaha Factory Racing

Other updates you may be interested in ›