初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

第12戦チェコGP:Moto3™クラスプレビュー

第12戦チェコGP:Moto3™クラスプレビュー

ポイントリーダーのコルテゼが、昨年キャリア初優勝を飾った東欧のトラックに、ポイントリーダーとして戻ってくれば、29ポイント差のビニャーレスは、逆転に向けて残り7戦で全戦優勝を誓い、今季6勝目を狙う。

第12戦チェコGPは24日、ブルノ・サーキットで開幕。26日に決勝レースを迎え、サンドロ・コルテセがポイントリーダーとして登場する。

今季9度目の表彰台を獲得したコルテセは、昨年初優勝を挙げた舞台に、ランク1位として乗り込み、Moto3クラス初代王者に向けて、安定した走りで、上位進出を目指す。

最終ラップの転倒リタイヤにより、29ポイント差にギャップが広がったランク2位のマーベリック・ビニャーレスは、残り7戦で7勝を挙げることを誓い、昨年6位に進出した東欧のトラックで、今季6勝目を狙う。

55ポイント差のランク3位、ルイス・サロンは、前戦でキャリア初優勝を挙げ、来季チーム・スウィツァランドからのMoto3クラス参戦を自ら祝い、勢いに乗って、チェコに入る。

ランク14位のアルベルト・モンカヨは、マプフレ・アスパルから解雇されたが、負傷代役として古巣のアンダルシ・JHK・ラグリッセから参戦すると、カレックス・KTMからFTR・ホンダに乗り換えて9位に進出。イバン・モレノに替わり、残りのシーズンも継続参戦することが決定した。

イオダ・レーシング・プロジェクトからアプフレ・アスパルに移籍した直後に3位表彰台を獲得したジョナス・フォルガーは、2008年にデビューを飾ったトラックに戻れば、6戦連続してポイント圏内に進出したヤコブ・コーンフェールは、ホームレースで通算50戦目を迎える。

前戦で自己最高位となる18位に進出した藤井謙汰は、第15戦日本GPを視野に、ブルノ、ミサノ、アラゴンでパフォーマンスを高めて行きたいところ。

前戦で左鎖骨を骨折したジャック・ミラーの負傷代役として、第9戦イタリアGPでワイルドカード参戦して15位に進出したミケーレ・ルベン・リナルディが指名され、手首を骨折したダニー・ウェッブの代役には、地元出身のミロスラフ・ポポフが抜擢された。

前戦の暴力行為により、黒旗が提示され、今季2度目の出場停止が科せられたニクラス・アジョの代役にKTMのテストライダーを務めるジョア・・オリベが第3戦ポルトガルGPに続いて起用される。

ワイルドカードは2人。第6戦イギリスGPに参戦したジョン・マックフィーと第8戦ドイツGPで8位に進出したルカ・グリーンワルトが挑戦する。

Tags:
Moto3, 2012, bwin GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY

Other updates you may be interested in ›