初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

第12戦チェコGP:プレスカンファレンス

第12戦チェコGP:プレスカンファレンス

アメリカ2連戦を経て、ヨーロッパに戻って来たシリーズ12戦目の開幕を前日に控え、タイトル争いの主役、ロレンソとペドロサ、来季ドゥカティに移籍するドビツィオーソ、地元出身のアブラハ、CRTで快走を見せるエルナンデェスが共同会見に出席した。

第12戦チェコGPのプレスカンファレンスは23日、ブルノ・サーキットのプレスカンファレンスルームで行われ、グランプリの主役たちが出席した。

ポイントリーダーのホルヘ・ロレンソは、タイトル争いのライバルの1人、ケーシー・ストーナーの欠場に関して、「彼が2、3戦に欠場することは、チャンピオンシップにとって悪いニュース。ニッキーもエクトルも欠場する。彼らの一刻も早い回復を願う。ケーシーは、僕とダニにとって非常にタフなライバルだから、これからの数戦は、彼が不在によってこれまでとは違う展開となるだろう。とても速く、とても戦闘力があるケーシーが常に前にいたから、もちろん、レースに勝つことは簡単になるだろう。」

「ここに来られたことは感動的。厳しかったインディアナポリスも同じような感じで終われた。ダニがいるからタフなグランプリになるけど、前戦のように戦闘的になれると思う」と、自信を見せた。

前戦の優勝で18ポイント差に接近したランク2位のダニ・ペドロサは、お互いに切磋琢磨して競い合っていたチームメイトの離脱について、「チームと僕にとって悪いニュース。ケーシーと僕は互いに全てのセッションでプッシュし合っていた。彼がチームにいることによって、全力を尽くさなければいけなかった」と、欠場を悔やんだ。

来季ドゥカティのファクトリーチーム入りが決定したランク4位のアンドレア・ドビツィオーソも昨年のチームメイトの負傷に関して、「このようなことが起きてしまうのは良くない。ライダーが転倒して、怪我を負ってしまうのを見るのは良くない。本当に悪いこと。チャンピオンシップとファンにとって、決定的に違うものになってしまうだろう。」

「3位を争う機会が増すけど、僕はリザルトの獲得に集中する。チームに対して大きな信頼があり、バイクは継続的に良くなっている」と、上位進出に集中することを強調。

右手の骨折から完全に復帰した地元出身のカレル・アブラハムは、「今は決定的に絶好調だけど、悪シーズンとなっている。強烈なアクシデントが重なり、シーズン序盤は手と頭部を強打してしまったから、ここまでは非常に悪かったけど、アメリカでの2戦はとても良かった。連続してグッドなポイントを稼いだ。」

「多くのレースを欠場してしまったから、グッドなシーズンになるとは思えないけど、グッドなレースになるようにトライしよう。それが大切で、チームもそのメンタリティでトライする」と、上位進出に挑戦することを宣言。

前戦でCRT勢の最高位に進出したヨニー・エルナンデェスは、「最高峰クラスで初めてトップ10に入り、CRT勢の初めてトップとなったあのリザルトは、大きな満足感をもたらしてくれた。昨年はここで手と足を骨折してしまったから、今年はグッドなリザルトを獲得したい」と、意気込みを語った。

Tags:
MotoGP, 2012, bwin GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY

Other updates you may be interested in ›