Tickets purchase
Videopass purchase

公式予選:M.ビニャーレスが今季5度目のトップグリッドを奪取

前戦の転倒リタイヤ後、優勝宣言をしたフリー走行総合2番手のビニャーレスが、今季5度目のポールポジションを獲得。総合1番手のコルテセは、0.033秒差で2番手。カイルディオンが3番手に入り、今季2度目の1列目に進出。アントネッリ、サロンが続き、総合32番手の藤井は、30番手だった。

第12戦チェコGPの公式予選は25日、ブルノ・サーキットで行われ、マーベリック・ビニャーレスがトップタイムをマーク。ポールポジションを奪取した。

気温21度。路面温度26度のドライコンディションの中、フリー走行総合2番手のビニャーレスは、2分09秒台を5回、2分08秒台を3回記録。2分08秒075の1番時計を刻み、第9戦イタリアGP以来今季5度目のトップグリッドを獲得した。

フリー走行3を制して初日の総合9番手から1番手に浮上したサンドロ・コルテセは、2分09秒台を6回、2分08秒台を3回記録して、0.033秒差の2番手に入り、5戦連続8度目の1列目を確保。

フリー走行総合4番手のズルファミ・カイルディオンは、2分09秒台を4回、2分08秒台を3回記録して、0.429秒差の3番手に入り、第5戦カタルーニャGP以来今季2度目の1列目を獲得。

フリー走行総合13番手のニッコロ・アントネッリは、2分09秒台を3回、2分08秒台を1回記録。0.585秒差の4番手に入り、今季3度目のシングルグリッドを獲得すれば、フリー走行総合15番手のルイス・サロン、エクトル・ファウベル、ヤコブ・コーンフェール、アレックス・リンス、ダニー・ケント、ジョナス・フォルガーがトップ10入り。

フリー走行総合32番手の藤井謙汰は、3.906秒差の30番手。明日の決勝レースを10列目から迎える。

フリー走行1で頭部を強打したアラン・ティーチャーと肋骨を骨折したリッカルド・モレッティ、フリー走行3で左足首を骨折したイサック・ビニャーレスは欠場した。

Tags:
Moto3, 2012, QP

Other updates you may be interested in ›