初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.ロレンソ:「非常に戦略的なレースだった」

J.ロレンソ:「非常に戦略的なレースだった」

公式予選で最速リズムと最速ラップを刻んだロレンソが、週末のセッションをリードしたペドロサと一騎打ちを展開。コンマ2秒差のバトルに競り負けたが、タイトル獲得に向けて、5戦連続11度目のトップ2に進出した。

ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームのホルヘ・ロレンソは、第12戦チェコGPの決勝レースで、ポールポジションから2位。5戦連続11度目のトップ2に進出して、ポイントリーダーを堅守した。

ウェットコンディションとなったウォームアップ走行で4番手だった後、今季4度目のトップグリッドから1番手を維持。レースの主導権を握ったが、12ラップ目に2番手に後退。最終ラップに一度逆転に成功したが、0.178秒差で今季6勝目を逃した。

「レースを本当に楽しんだ。特に最終ラップ。ダニと僕は、勝つために全力でトライした。僕たちはチャンピオンシップで接近している。各ポイントが重要だ。」

「非常に戦略的なレースとなった。ある瞬間は、少しリラックスするためにスローダウンした。落ち着いて、最終ラップに向けて準備した。ダニがアタックを仕掛けたとき、大きなプレッシャーを掛け、追いかけるために大きなリスクを背負って走った。最後に抜きに行かなければいけなかった。勝利は直ぐ近くにあり、トライしなければいけなかった。」

「今回は、ダニの方がクレバーでストロングだった。彼を祝福しないと。次は違うような展開になるだろう!」と、勝者を称えた。

Tags:
MotoGP, 2012, bwin GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, Jorge Lorenzo, Yamaha Factory Racing

Other updates you may be interested in ›