Tickets purchase
VideoPass purchase

ウォームアップ走行:S.レディングが今季4度目の1番時計

ウォームアップ走行:S.レディングが今季4度目の1番時計

3番グリッドのレディングが逆転でセッションを制すと、2番グリッドのルティがセッションをリード。マルケスがコンマ5秒差の3番手。スミス、シメオン、シモンが上位に進出。中上は12番手。ポールポジションのエスパルガロは14番手。高橋は19番手だった。

第12戦チェコGPのウォームアップ走行は26日、ブルノ・サーキットで行われ、スコット・レディングがトップタイムをマークした。

気温16度。路面温度16度のレインコンディションの中、3番グリッドのレディングは、2分13秒619の1番時計を刻み、第5戦カタルーニャGPのフリー走行3以来セッションを制した。

2番グリッドのトーマス・ルティは、0.091秒差の2番手に入り、ポジションを維持。4番グリッドのマルク・マルケスは、0.592秒差の3番手。

15番手グリッドのブラドリー・スミスは、0.646秒差の4番手に浮上すると、21番グリッドのチャビエル・シメオンは、0.865秒差の5番手にジャンプアップ。フリアン・シモン、ニコラス・テロール、アンソニー・ウエスト、ヨハン・ザルコ、マンセル・シュレッターがトップ10入り。

7番グリッドの中上貴晶は、1.908秒差の12番手。

ポールポジションのポル・エスパルガロは、2.154秒差の14番手。

22番グリッドの高橋裕紀は、4.078秒差の19番手だった。

公式予選で転倒を喫したアンドレア・イアンノーネは、走行をキャンセルした。

Tags:
Moto2, 2012, bwin GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, WUP

Other updates you may be interested in ›