初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

アラゴンテスト:J.ロレンソが2日目に最速ラップ

アラゴンテスト:J.ロレンソが2日目に最速ラップ

ホンダ&ヤマハのファクトリーチームが参加したプライベートテストの最終日は、モーターランド・アラゴンで行われ、ロレンソとスピースがレースシミュレーションを実行。ペドロサは、初日の結果で総合1番手に進出すれば、ミサノとアラゴンに負傷代役を予定するレイが、ステップ・バイ・ステップでラップタイムを伸ばした。

MotoGPクラスのプライベートテスト2日目、最終日は5日、モーターランド・アラゴンで行われ、ホルヘ・ロレンソがトップタイムをマーク。ダニ・ペドロサが総合1番時計を記録した。

2日間連続して好天候に恵まれた中、初日2番手のロレンソは、前戦後のオフィシャルテストから引き続き、2013年型シャーシをテスト。スペック違いのエンジンを初めて試した後には、リアタイヤのパフォーマンスを確認するために、レースシミュレーションを実行した。

初日に続き、レース距離におけるタイヤ寿命を延ばすことを目的に、フォークとショックのセッティングに取り組んだベン・スピースは、午後にレースシミュレーションを行った。

初日に1分47秒983の1番時計を記録したペドロサは、パワーデリバリーの改良を目的に新型エグゾーストをテスト。リアグリップの改良にも継続的に取り組み、初日のラップタイムを更新できなかったが、総合1番手を維持した。

初日に69ラップを周回したジョナサン・レイは、ホンダRC213Vへの順応に向けて、62ラップを周回。合計131ラップ、5.7レース分の距離を走行して、今週末にニュルブルグリンクで開催されるスーパーバイク世界選手権に参戦した後には、次戦サンマリノ&デラ・リビエラ・ディ・リミニGPと第14戦アラゴンGPへの参戦を予定している。

サテライトチームから唯一参加したステファン・ブラドルは、初日に続き、ファクトリースペックのRC213Vを走行。リアのグリップが増して、3番手に浮上した。

プライベートテスト2日目非公式ラップタイム
1. J.ロレンソ: 1分48秒244 (77ラップ)
2. D.ペドロサ: 1分48秒499 (47ラップ)
3. S.ブラドル: 1分48秒834 (78ラップ)
4. B.スピース: 1分48秒946 (76ラップ)
5. J.レイ: 1分50秒057 (62ラップ)

オフィシャルテスト:6月6日inモーターランド・アラゴン

Tags:
MotoGP, 2012

Other updates you may be interested in ›