初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

M.ディメッリオ、チャンピオンチームから負傷代役

M.ディメッリオ、チャンピオンチームから負傷代役

Moto2クラスへの参戦を開始してから、RSV、シューター、テック3、スピードアップ、MZ(FTR)を走らせていたディ・メッリオが負傷代役として、昨年のチャンピオンチームからカレックスを走らせることとなった。

マイク・ディ・メッリオは10日、今週末にミサノ・ワールド・サーキット‐マルコ・シモンセリで開催される第13戦サンマリノ&デラ・リビエラ・ディ・リミニGPに、マックス・ノイキルヒナーの負傷代役として、キーファー・レーシングから参戦することを発表した。

今季は、S/マスター・スピード・アップから参戦していたが、契約に含まれていた資金援助が困難となったことから、第7戦TTアッセン後に解雇。第9戦イタリアGPからアレキサンダー・ルンドの負傷代役として、MZ・レーシングから参戦していた。

前戦後、「もし、MZから継続参戦するとなれば、やるべきことが沢山ある。月曜にはCRTバイクのテストがあり、将来がどうなるか見てみよう」と、オフィシャルテストの参加を明かすと、アビンティア・ブルセンスからテストに参加。

イバン・シルバが使用するFTR-カワサキを走らせていたが、最高峰クラスに参戦する同チームは5日、シルバに替わってダビッド・サロンの起用を発表。

今回、前戦チェコGPで右手第3中手を骨折したマックス・ノイキルヒナーの負傷代役に指名され、カレックスを走らせることとなった。

Tags:
Moto2, 2012, GP APEROL DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, Mike Di Meglio, Max Neukirchner, Kiefer Racing

Other updates you may be interested in ›