初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

H.バルベラ、胸椎骨折から復帰

H.バルベラ、胸椎骨折から復帰

左脚の脛骨腓骨の骨折から驚異的な回復を見せ、僅か27日後に復帰を果たしたバルベラだったが、インディアナポリスで胸椎を骨折。懸命なリハビリにより、医師団から参戦の許可が下りた。

プラマック・レーシングは10日、エクトル・バルベラがミサノ・ワールド・サーキット‐マルコ・シモンセリで開催される第13戦サンマリノ&デラ・リビエラ・ディ・リミニGPに復帰することを発表した。

トレーニング中に左脚を骨折したことから第10戦アメリカGPを欠場したが、第11戦インディアナポリスGPのフリー走行1で転倒を喫した際に第6胸椎を骨折。緊急帰国して、バルセロナ市内の病院で精密検査を受けた後、自宅で静養していたが、医師団から今週末の参戦に向けて、ゴーサインが出た。

「今週末に走れることに興奮している。それに、2009年の250ccクラスで優勝したから、ミサノには良い思い出がある」と、復帰を喜んだ。

「インディでの転倒の後、(脚の)リハビリを少し休むことを強いられたけど、早期復帰に向けて、懸命にリハビリに取り組んだ。良い感じ。トラックは厳しいけど、バイクとチームが恋しい。沢山の人たち、チーム、スポンサー、トニ・エリアスにも感謝したい。」

Tags:
MotoGP, 2012, GP APEROL DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, Hector Barbera, Pramac Racing Team

Other updates you may be interested in ›