初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

南アフリカ人ライダーが負傷代役に指名

南アフリカ人ライダーが負傷代役に指名

昨年6戦にワイルドカード参戦したオデンダールが、スペイン選手権での活躍が評価され、カルドゥスの負傷代役に抜擢。シューターからAJRに乗り換え、ミシュランからダンロップに履き替え、ミサノに初挑戦する。

アルギニャーノ・レーシングは10日、リカルド・カルドゥスの負傷代役に、スペイン選手権に参戦する南アフリカ人ライダー、スティーブン・オデンダールを第13戦サンマリノ&デラ・リビエラ・ディ・リミニGPで起用することを発表した。

今季から参戦するスパニッシュチームは、カルドゥスが前戦のフリー走行3で転倒を喫した際に、右肩鎖関節を脱臼したことから、今週末のグランプリを欠場。次戦アラゴンGPからの復帰を目指すことになり、代役を模索。

南アフリカ・ヨハネスブルグ出身の19歳オデンダールは、昨年4月の第2戦スペインGPでワイルドカードとしてデビューすると、第3戦ポルトガルGP、第4戦フランスGP、第7戦TTアッセン、第9戦ドイツGP、第11戦チェコGPにスポット参戦。シューターを走らせ、5戦目の27位が最高位だった。

今季は、スペイン選手権王者ジョルディ・トーレスのチームとして、JHK・Tシャツ・ラグレッセからスペイン選手権に初めてフル参戦。全戦でポイントを稼ぎ、ランク8位に進出している。

Tags:
Moto2, 2012, GP APEROL DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, Ricard Cardus, Arguiñano Racing Team

Other updates you may be interested in ›