Tickets purchase
VideoPass purchase

公式予選:S.コルテセが今季6度目のPPを奪取

公式予選:S.コルテセが今季6度目のPPを奪取

週末初の完全ドライの中でポイントリーダーのコルテセが、最速リズムと最速ラップをマーク。今季6度目のポールポジションを獲得すれば、地元出身の新人フェナティとアントネッリが1列目に進出。ランク2位のビニャーレスは1秒差の11番手。藤井は34番手で最後尾から明日の決勝レースを迎える。

第13戦サンマリノ&デラ・リビエラ・ディ・リミニGPの公式予選は15日、ミサノ・ワールド・サーキット‐マルコ・シモンセリで行われ、サンドロ・コルテセがトップタイムをマーク。ポールポジションを奪取した。

気温21度。路面温度33度のドライコンディションの中、フリー走行総合8番手のコルテセは、1分44秒台を5回記録。1分44秒201の1番時計を刻み、今季6度目のトップグリッドを確保。

フリー走行2を制した総合1番手のロマーノ・フェナティは、1分44秒台を3回記録。0.370秒差の2番手に入り、今季の最高位を獲得すれば、フリー走行総合13番手のニッコロ・アントネッリは、1分44秒台を3回記録。0.389秒差の3番手に浮上して、今季2度目の1列目を獲得した。

フリー走行総合6番手のダニー・ケントは、1分44秒台を1回記録。0.642秒差の4番手に入り、フリー走行総合16番手のルイス・サロンは5番手。

フリー走行3を制した総合3番手のジョナス・フォルガーは、0.676秒差の6番手。今季初の2列目を確保し、アレッサンドロ・トヌッチ、ズルファミ・カイルディン、ミゲール・オリベイラ、アーサー・シシスがトップ10入り。

フリー走行総合2番手のマーベリック・ビニャーレスは、1.029秒差の11番手。

フリー走行総合33番手の藤井謙汰は、4.471秒差の34番手。明日の決勝レースを最後尾から迎える。

フリー走行1で転倒を喫して左手首を骨折したアドリアン・マルティンは欠場した。

Tags:
Moto3, 2012, GP APEROL DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, QP

Other updates you may be interested in ›