Tickets purchase
VideoPass purchase

公式予選:D.ペドロサが今季4度目のポールポジションを奪取

公式予選:D.ペドロサが今季4度目のポールポジションを奪取

初日2度の走行を見送り、午前に10ラップを周回したランク2位のペドロサがポールポジション争いに競り勝ち、今季4度目のトップグリッドを獲得。ポイントリーダーのロレンソは、0.018秒差の2番手。クラッチロー、ブラドル、バウティスタが続き、ロッシが2戦連続の6番手に進出。レイは9番手。ド・プニエがCRT勢最高位の12番手だった。

第13戦サンマリノ&デラ・リビエラ・ディ・リミニGPの公式予選は15日、ミサノ・ワールド・サーキット‐マルコ・シモンセリで行われ、ダニ・ペドロサがトップタイムをマーク。ポールポジションを奪取した。

気温21度。路面温度30度のドライコンディションの中、初日2度のセッションをキャンセルしたペドロサは、フリー走行3で10ラップを周回して4番手に入った後、1分34秒台を6回、1分33秒台を1回記録。1分33秒857の1番時計を刻み、2戦ぶり4度目のトップグリッドを獲得。

初日2度のセッションをキャンセルした後、フリー走行3で3番手に進出したホルヘ・ロレンソは、1分34秒台を4回、1分33秒台を2回記録。0.018秒差の2番手に入り、5戦連続9度目の1列目を確保。

フリー走行3から走行を開始したカル・クラッチローは、1分34秒台を3回記録。0.144秒差の3番手に入り、2戦連続4度目の1列目に進出。

フリー走行3で7番手だったステファン・ブラドルは、1分34秒台を3回記録して、0.364秒差の4番手に入り、フリー走行3を制したフリー走行総合2番手のアルバロ・バウティスタは、1分34秒台を6回記録して、0.442秒差の5番手。

フリー走行3で2番手に進出したバレンティーノ・ロッシは、1分34秒台を4回記録。0.762秒差の6番手に入り、2戦連続して2列目に進出。アンドレア・ドビツィオーソ、ベン・スピースが続いた。

負傷代役のジョナサン・レイは、1分35秒台を4回記録。1.501秒差の9番手に入り、負傷から復帰したニッキー・ヘイデンは10番手。

フリー走行2を制してフリー走行総合1番手のカレル・アブラハムは、1.791秒差の11番手。

CRT勢では、ランディ・ド・プニエが、1.899秒差の12番手に進出した。

Tags:
MotoGP, 2012, GP APEROL DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, QP

Other updates you may be interested in ›