初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

V.ロッシ:「マルコが天国から助けてくれた」

V.ロッシ:「マルコが天国から助けてくれた」

2日目の快走を見せたロッシが、ホームレースでドゥカティ入りしてからのベストパフォーマンスを披露。ドライコンディションにおけるベストリザルトを獲得して、駆けつけたファンを熱狂させた。

ドゥカティ・チームのバレンティーノ・ロッシは、第13戦サンマリノ&デラ・リビエラ・ディ・リミニGPの決勝レースで、6番グリッドから2位。ドゥカティ入りしてからのベストリザルトタイ、ドライコンディションでは、自己最高位を獲得した。

前戦後の28日と29日に当地でプライベートテストを実施。16日後のホームグランプリに向けて、今回投入した新型シャーシと新型スイングアームを試して、フロントのフィーリングが改良され、加速時の安定感が増したことを確認。

初日は悪天候により、周回を重ねられなかったが、ハーフウェットのフリー走行3で2番手に進出すると、公式予選では、2戦連続の6番手だったが、今季初めてトップから8秒以内に進出することに成功。

ウォームアップ走行では7番手。決勝レースでは、スタートで2番手に浮上すると、1分35秒前半の非常に安定したリズムで最後まで周回を重ね、ドゥカティで通算3度目の表彰台を獲得した。

「この2位は、沢山の面で大きな価値がある。ここはミサノ。僕の家からとても近いから、僕のホームグランプリで、沢山のファンが来てくれる。それに、このサーキットはマルコと呼ぶ。」

「彼が僕を天国から助けてくれたのは確か。僕と彼の家族のために、とても喜んでいるだろう。それに、チームにとって、厳しい時期も信じ続けた全ての人たちにとっても、グレートなリザルトだ。」

「ここはドゥカティのグランプリでもある。ボローニャのみんなは素晴らしい仕事をしてくれた。ドライでの表彰台は決定的にグレートなリザルトだ」と、会心の笑みで感謝の言葉を述べた。

ランク8位から6位に浮上したロッシは、サーキットに延滞して、17日にプライベートテストを予定している。

Tags:
MotoGP, 2012, GP APEROL DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, Valentino Rossi, Ducati Team

Other updates you may be interested in ›