初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

アスパル・チーム、N.テロールと2年の契約更新

アスパル・チーム、N.テロールと2年の契約更新

シーズン中盤からパフォーマンスが向上してきた125ccクラス王者のテロールが、複数のオファーを断り、2010年からアスパル・チームに所属と契約を更新。来季からの上位進出に自信を見せた。

マプフレ・アスパル・チームは17日、ニコラス・テロールとの間で2年間の契約を結んだことを発表。2013年と2014年に、Moto2クラスに継続参戦することが決定した。

24番グリッドから5人による13位争いを展開して、15位でフィニッシュ。5戦連続7度目のポイント圏内に進出した23歳のスペイン人ライダーは、2010年から同チームに所属。1年目に125ccクラスでランク2位を獲得すると、2年目には125ccクラスのラストチャンピオンに輝き、3年目の今年はMoto2クラスに進出。ランク19位に位置している。

「マプフレ・アスパル・チームという大家族からの支援が嬉しい。今年は期待していたよりも、少しトリッキーなシーズン。学習を続け、来年への準備を進める。チームにおける僕の状況がハッキリしたことは、終盤戦に向けて、エクストラなモチベーションとなる。」

「同じスタッフたちと仕事を続けられることも嬉しい。僕たちは125ccクラスで歴史を築き、来年のMoto2クラスでは上位争いができるはずだ」と、来季への躍進を誓った。

チームマネージャーのホルヘ・マルティネス・アスパルは、「ニコの契約更新を発表できることが大変嬉しいです。これは、バレンシア出身で、クナ・デ・カンペオネス(バレンシアを中心に展開されるヤングライダーたちのワンメイクカップ)で育成されたヤイダーに賭けるという意味です。」

「昨年は我々と共に125ccクラスでチャンピオンとなり、2年前はランク2位でした。今年はMoto2クラスで、特にここ数戦で重要なステップを果たしました。シーズン待つまでこの調子で良くなって行くことを期待します。」

「彼を全面的に信頼しています。Moto2クラス進出には、ある程度の順応時間が必要ですが、来年上位進出争いができることを確信しているからこそ、彼に賭けました」と、契約更新の理由を説明した。

Tags:
Moto2, 2012, Nicolas Terol, Mapfre Aspar Team Moto2

Other updates you may be interested in ›