初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

S.コルテセ、タイトル獲得に近づく3勝目

S.コルテセ、タイトル獲得に近づく3勝目

イタリア系ドイツ人ライダーのコルテセが、ポイントリーダーの貫録を見せる走りで、ザクセンリンクに次ぐ今季2度目のポール・トゥ・フィニッシュを達成。初代王者に向けて、46ポイント差のアドバンテージを得た。

レッドブル・KTM・アジョ・ファクトリー・レーシング・チームのサンドロ・コルテセは、第13戦サンマリノ&デラ・リビエラ・ディ・リミニGPの決勝レースで、ポールポジションから優勝。ランク2位に46ポイント差のアドバンテージを広げた。

前戦でランク2位のマーベリック・ビニャーレスを0.128秒差で抑え込み、アドバンテージを32ポイントに広げた後、今季3度目のホームレースに乗り込むと、公式予選でライバルたちを圧倒する最速リズムと最速ラップで今季6度目のポールポジションを奪取。

決勝レースでは、トップグループ内でレースをコントロールすると、最後はライバルたちを抑え込み、今季3勝目、今季11度目の表彰台を獲得することに成功した。

チームマネージャーのアキ・アジョは、「今はグッドなアドバンテージがありますが、まだ決着がついた訳ではありません。注意深く、冷静さを維持し、状況に応じた走りをしなければいけません」と、マイク・ディ・メッリオ、マルク・マルケスに続くタイトル獲得に向けて、慎重な姿勢を見せた。

Tags:
Moto3, 2012, GP APEROL DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI

Other updates you may be interested in ›