Tickets purchase
VideoPass purchase

ヘイデン&マルティネスが大学で講演

ヘイデン&マルティネスが大学で講演

シリーズ第14戦を前に、ヘイデンと彼のチーフクルーがモーターランド・アラゴンの近郊にある大学で、将来のエンジニアを目指す工学部の学生を対象に講演を行った。

ドゥカティ・チームのニッキー・ヘイデンとチーフクルーのフアン・マルティネスは26日、スペインのサラゴサ大学で工学部の学生を対象に講演を行い、ハイレベルのレースにおいて、燃料及びオイルの研究開発を展開するテクニカルパートナー、シェル社との協力関係の重要性を説明した。

多くの学生から質問攻めにあったヘイデンは、「とてもナイスな体験だった。もしかしたら、僕の前にいる学生たちと将来一緒に働くことになるかもしれない。チームのメンバーとは、年間を通じて一緒にいる時間が長く、スムーズなコミュニケーションが非常に大切。最後には大家族となる」と、学生たちの成長に期待。

地元出身のマルティネスは、「将来のエンジニアたちとの交流は大変実りが多かったです。彼らの質問は、我々とは全く違う視点だったことから、自分の経験を振り返ることにつながり、大変豊かな結果となりました」と、講演の感想を語った。

Tags:
MotoGP, 2012, GRAN PREMIO IVECO DE ARAGÓN, Nicky Hayden, Ducati Team

Other updates you may be interested in ›