初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

アジョ・モータースポーツ、ランク2位のサロンと契約

アジョ・モータースポーツ、ランク2位のサロンと契約

インディアナポリスの開催期間中に、来季から3年間、チーム・スウィツァランドからの参戦を決まったことを明かしていたランク2位のサロンだったが、タイトル獲得に王手がかかるポイントリーダーのコルテセの後任に指名された。

レッドブル・KTM・アジョ・モータースポーツは8日、2013年シーズンにルイス・サロンを起用することを発表。来季の体制が決まり始めた。

Moto3クラスの1年目となる2012年は、KTMのファクトリーチームとして、サンドロ・コルテセ、ダニー・ケント、アーサー・シシスの3人体制で参戦すると、前戦アラゴンGPでは、3人が揃って今季7度目のポイント圏内に進出。今季3度目のシルグルフィニッシュを達成。

ランク1位のコルテセは、前戦前に新規参戦チームからのMoto2クラス進出を発表すると、ランク6位のケントは、中量級への昇格を希望。

チームマネージャーは、2人の後任にランク2位のサロンを指名。「彼が今年示した成長度は、来年を考慮すべきライダーの1人。それは明白です。経験があり、速く、終盤に優勝争いをするために必要な成熟度を証明しました」と、起用の理由を説明。

来季の就任先が決定したレッドブル・ルーキーズ・カップ出身のサロンは、「このチームへの加入は夢の現実。ファクトリーチームに所属することは、近い将来に向けて、落ち着きと自信をもたらしてくれる」と、会心の笑みで喜びを語った。

Tags:
Moto3, 2012, Luis Salom, Red Bull KTM Ajo

Other updates you may be interested in ›