Tickets purchase
VideoPass purchase

決勝レース:D.ペドロサが独走で2年連続優勝

昨年独走優勝したランク2位のペドロサが、2番グリッドから昨年を再現するように独走。ホンダのホームレースで2戦連続5勝目を挙げれば、ポイントリーダーのロレンソはポールポジションから2位。8戦連続14度目のトップ2入りを達成すれば、バウティスタが来季の延長契約を祝福する今季2度目の表彰台を獲得。負傷から復帰のストーナーは5位。ロッシは7位。中須賀は9位に進出した。

第15戦日本GPの決勝レースは14日、ツインリンクもてぎで行われ、ダニ・ペドロサが優勝を飾った。

気温20度。路面温度23度のドライコンディションの中、2番グリッドのダニ・ペドロサは、スタートでポジションをキープすると、12ラップ目にトップに浮上すると、1分45秒台を連発。4.275秒差のアドバンテージを広げ、2戦連続5勝目を挙げた。

ポールポジションのホルヘ・ロレンソは、スタートから12ラップ目までレースをリードしたが、8戦連続14度目のトップ2入りを達成。

5番グリッドのアルバロ・バウティスタは、ラストラップに3番手に浮上。2戦ぶり今季2度目の3位表彰台を獲得すれば、6番グリッドのアンドレア・ドビツィオーソは4位。

7番グリッドのケーシー・ストーナーは、右足首負傷からの復帰戦で20.566秒差の5位。ステファン・ブラドル、バレンティーノ・ロッシ、ニッキー・ヘイデンが続き、11番グリッドの中須賀克行は8位に0.070秒差の9位。エクトル・バルベラがトップ10入りした。

CRT勢では、13番グリッドのアレックス・エスパルガロが12位に進出。

4番グリッドのベン・スピースは、3番手走行中の2ラップ目にコースアウトから転倒リタイヤ。3番グリッドのカル・クラッチローは、4番手走行中のラストラップに失速してリタイヤを喫した。

チャンピオンシップは、ポイントリーダーのロレンソにランク2位のペドロサが、28ポイント差に詰めた。

次戦マレーシアGPは、セパン・インターナショナル・サーキットで19日に開幕。21日に決勝レースが行われる。

Tags:
MotoGP, 2012, RAC

Other updates you may be interested in ›