初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

テクノマグ-CIP、故富沢遺族にマシン贈呈

テクノマグ-CIP、故富沢遺族にマシン贈呈

テクノマグ-CIPは、週末の日本GPで故・富沢祥也が使用していたMoto2マシンを、多くの海外のメディアやチーム関係者らが駆けつけた中、遺族に贈呈した。

テクノマグ-CIPは、ツインリンクもてぎで開催された第15戦日本GPの決勝レース前に、故・富沢祥也が2010年シーズンに使用していたシューターを、遺族に贈呈した。

2010年8月の第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの決勝レース中の事故で死亡した故・富沢が所属していたフランスチームは、遺族をグランプリに招待。ピットボックスの前で、チームマネージャーのアラン・ブロネックから当時使用していたマシンが、サンマリノ共和国からは肖像画がそれぞれ贈呈された。

Tags:
Moto2, 2012, AIRASIA GRAND PRIX OF JAPAN

Other updates you may be interested in ›