Tickets purchase
Videopass purchase

ブルセンス・アビンティアの代表が状況を語る

一方的に契約を放棄したビニャーレスに対して、チームの代表であり、個人マネージャーを務めるジョベが、状況を説明。心境を語った。

ブルセンス・アビンティアのチームマネージャー兼マーベリック・ビニャーレスのパーソナルマネージャーを務めるリカルド・ジョベは19日、ビニャーレスの一方的な契約放棄に関して、状況を説明した。

「回答は彼の方が持っています。昨夜、バイクが気に入らない理由でシーズンを継続しない意向を我々に伝えてきました。普通のライダーではないと考えていましたが、姿を見せませんでした。彼の行為を受け入れられません。現在ランク2位。5勝を含む7度の表彰台を獲得。立派なシーズンですが、厳しいシーズンでもあります。」

「少なくても、シーズンが終了するまでは、他の分析に意味がありません。これ以上なことは何も言えません。何もすることができません。ライダーが一方的にバイクに乗らないことを決めました。」

スペイン選手権時代から個人マネージャーを務める立場から、「契約があり、仕事をして、シーズンを終え、その後にマスコミを仲介せいずに話し合いができます。契約を取り消すか、取り消さないか、スポンサー、関係者、メカニック、そして、キャリアに投資してきたチームとの約束を守らないか、1日で走ることを止めるのか。」

「彼は我々に貸しは何もないです。我々も彼に貸しはないです。今日まで一緒に働いてきたことは喜びでしたが、ここに至るまでに、最初に自分の仕事を終わりにしなければいけません。そして、その間に話し合いを続けられることは明白です」と、助言したことを明かした。

「話し合いをせずに、彼の条件を受け入れることはできません。僅か10時間、12時間のこのような決断を下すことはできません。本当に申し訳ないです。これは我々が作り出した状況ではなく、チームは常に全力を尽くしてきたことから、落ち着いています。彼も全力を尽くしたことは確かですが、レースでは勝つ日もあれば、負ける日もあります。勝つことから、負けることから学ばなければいけません。」

「全ては単純なミスです。ものごとは話し合いで、解決できます。数時間の問題ですから、まだ理解できません。我々としては、チームと彼を悪く思います。彼が間違っていると思います。レースを費やしてくれている関係者とスポンサーに申し訳なく思います」と、心境を語った。

Tags:
Moto3, 2012

Other updates you may be interested in ›