初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

マーク・VDS、軽量級にベルギー人ライダーを起用して初挑戦

マーク・VDS、軽量級にベルギー人ライダーを起用して初挑戦

ベルギーを代表するビールメーカー、ステラ・アルトワ社の所有者であり、チーム代表のマーク・ファン・デル・ストラーテンは、今季ルーキーズカップで活躍したベルギー出身のヤングライダーを起用して、軽量級に初挑戦することを決断した。

マーク・VDS・レーシングは週末、Moto3クラスに初参戦することを発表。今季レッドブル・ルーキーズ・カップに初参戦したベルギー人ライダーのリビオ・ロイを起用する。

2010年からMoto2クラスに参戦するベルギーのチームは、参戦4年目に向けて、軽量級に参戦することを決断。同大会の第6戦チェコ・ラウンドのレース1で初表彰台を獲得、レース2で初優勝を挙げ、ランク11位に進出した15歳のロイをシーズン途中から将来の起用を視野に入れ、支援を開始すると、スペイン選手権の6戦目アルバセテ・ラウンドに参戦。13位に進出すると、最終戦バレンシア・ラウンドにも参戦する。

チーム代表のマーク・ファン・デル・ストラーテンは、「個人的にリビオ・ロイがチームに加入することに大変興奮しています。我々が二輪へのアバンチュールを開始した時から、ベルギー出身のヤングライダーの育成は目標の1つでした」と、ロイを起用する理由を説明した。

チームマネージャーのミシェル・バルトメリーは、「リビオは2013年にチームに加入して、カレックス‐KTMを走らせます。ルーキーズカップで素晴らしい活躍を見せましたが、Moto3クラスへのステップは、彼にとって大きなことになるでしょう。1年目は学習のシーズンとなりますが、2年目にはリザルト獲得に挑戦することは確かです」と、ヤングライダーへの期待を語った。

参戦最低年齢の16歳となる来年4月27日を待って、第4戦スペインGPから参戦を開始する。

Tags:
Moto3, 2012, Marc VDS Racing Team

Other updates you may be interested in ›