Tickets purchase
VideoPass purchase

アビンティア・ブルセンス、豪州ライダーを代役に起用

アビンティア・ブルセンス、豪州ライダーを代役に起用

日本GPで左鎖骨を脱臼したエルナンデェスが大事を取って欠場。負傷代役に地元ビクトリア州出身でスペイン選手権に参戦するマクラーレンを指名した。

アビンティア・ブルセンスは24日、今週末にフィリップアイランド・グランプリ・サーキットで開催される第17戦オーストラリアGPに、左鎖骨を脱臼したヨニー・エルナンデェスの代役として、クリス・マクラーレンを起用することを発表した。

ランク17位、CRT勢では5番手に位置するコロンビア人ライダーは、第15戦日本GPの決勝レースで今季14度目の転倒を喫した際に、左鎖骨を脱臼。前戦マレーシアGPでは、フリー走行1に参戦したが、大事を取って、その後の走行をキャンセル。最終戦での復帰に向けて、治療に専念するとなった。

スパニッシュチームは、代役として、地元ビクトリア州リーオンガサ出身のマクラーレンを指名。昨年同グランプリのMoto2クラスにワイルドカードとして初参戦すると、32番グリッドから転倒リタイヤ。今季はスペイン選手権Moto2クラスにレギュラー参戦して、開幕戦のヘレス・ラウンドで2位に進出。ランク13位に位置する。

Tags:
MotoGP, 2012, AIRASIA AUSTRALIAN GRAND PRIX, Avintia Blusens

Other updates you may be interested in ›