Tickets purchase
Videopass purchase

フィリップアイランドにストーナー・コーナーを設置

1コーナーのドゥーハン・コーナーに引き続き、2度目のタイトルを獲得したストーナーのコーナーが3コーナーに設置させることが決定。グランプリ開催前日に記念セレモニーが行われた。

フィリップアイランド・グランプリ・サーキットを所有するリンフォックス・プロパティ・グループは25日、ケーシー・ストーナーのキャリアを称賛して、高速左の3コーナーを、ストーナー・コーナーと名称することを発表した。

サーキットのオーナーであるアンドリュー・フォックスは、プレスカンファレンスを開き、2007年から5年連続して優勝を飾り、2度目のタイトル獲得に成功したストーナーの功績を評して、3コーナーにチャンピオンの名称を設置することを発表。27粒のダイヤモンドがはめこまれたスペシャルプレートを贈呈した。

その後、HRCチーム代表の中本修平、ドルナスポーツ経営最高責任者のカルメロ・エスペレータと共に、3コーナーを訪れ、ホンダRC213Vの前で記念撮影が行われた。

ホームでのラストレースを前に、自身の名前が付いたコーナーを訪れたストーナーは、「僕の勝利は、オーストラリア出身のライダーということで、ライバルたちよりも周回を重ねてきたことがベースとなっている訳ではない。グランプリに参戦する前に、一度もフィリップアイランドを走ったことがなかった。唯一言えることは、トラックはとても滑り、高速コーナーを構え、速く走るには勇気が必要。アドレナリンが身体中に高速で駆け巡る。もしかしたら、ライダーたちがすごく好きなのはそれが理由かもしれない。」

「もしかしたら、ここは世界で最も好きなコーナーかもしれない。5速で駆け抜ける。すごく、すごく速いから、僕の名前がフィリップアイアンドに刻まれることは大変特別なこと。大変光栄なことだ」と、感動した。

Tags:
MotoGP, 2012, Casey Stoner, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›