初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.シシス、ストーナー以来の表彰台を獲得

A.シシス、ストーナー以来の表彰台を獲得

ルーキーズカップを経由して今季からグランプリに参戦するシシスが、初めてのフィリップアイランドで3位争いに競り勝ち、豪州人としては、ストーナー以来8年ぶりに表彰台に登った。

レッドブ・KTM・アジョ・モータースポーツのアーサー・シシスは、第17戦オーストラリアGPの決勝レースで、7番グリッドから3位に進出。豪州人としては、8年ぶりに地元で表彰台を獲得した。

アデレード出身のギリシャ系オーストラリア人ライダーは、スピードウェイを経由して、2009年からレッドブル・ルーキーズ・カップへの参戦を開始。2011年にランク2位を獲得して、レッドブルがスポンサードするアジョ・モータースポーツからグランプリに昇格。

デビュー戦となった開幕戦カタールGPで9番グリッドから7位に進出すると、第4戦フランスGPで5位を獲得。安定してポイント圏内に進出して、ランク14位で初のホームグランプリを迎えると、自己最高位の7番グリッドから6人による3位争いに競り勝ち、ランク11位、新人勢の3番手に浮上した。

「フィリップアイランドで良い走りをした。ヨーロッパでずっと走っていたから、あまり期待していなかったけど、みんなからエクストラなモチベーションをもらった。ゴールラインを通過したときに、みんなが叫んでいたのを観たときは最高だった。叫び声は聞こえなかったけど、喜んでいるところが見られたのはすごく良かった」と、初表彰台を振り返った。

オーストラリア人ライダーが軽量級で表彰台を獲得したのは、2004年10月の第15戦オーストラリアGPでケーシー・ストーナーが3位を獲得して以来、8年ぶり。地元で6連勝を飾ったそのストーナーからは、「素晴らしいレース。オーストラリア人が表彰台に立つところを観るのは最高。彼のレースを楽しみ、この調整で行って欲しい」と、メッセージが送られた。

Tags:
Moto3, 2012, AIRASIA AUSTRALIAN GRAND PRIX, Red Bull KTM Ajo

Other updates you may be interested in ›