初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

M.オリベイラ、ポルトガル史上最高位の2位を奪取

M.オリベイラ、ポルトガル史上最高位の2位を奪取

昨年はシーズン途中に解雇され、厳しい時期を過ごしたオリベイラだったが、カタルーニャGPに続き、初挑戦のオーストラリアGPで3度目の表彰台を獲得。自己最高位の2位に進出して、ポルトガルの歴史を築いた。

チーム・エストレージャ・ガルシア・0.0のミゲール・オリベイラは、第17戦オーストラリアGPの決勝レースで、6番グリッドから2位。ポルトガル史上の最高位を獲得した。

開幕戦カタールGPで自己最高位の5位に進出した後、第5戦カタルーニャGPで3位に入り、ポルトガル史上初の表彰台を獲得。第9戦イタリアGPで転倒を喫して、4度目のリタイヤ、5度目の0ポイントに終わったが、サマーブレーク明けの第11戦インディアナポリスGPから安定して1桁台に進出。ランク13位から8位に浮上して、フィリップアイランドに初挑戦。

決勝レースでは、2戦連続の6番グリッドから王者サンドロ・コルテセと優勝争いを展開。最後はポジション維持を決断した。

「たくさんバトルをしたタフなレースだった。ウォームアップ走行で2度も転んでしまったから、心配していたけど、レースではサンドロの後ろですごく快適に走れた。彼のリズムで走れることを維持して、最後に抜かれたときには、2位を確保することを考えた。」

「この表彰台がすごく嬉しい。浮き沈みのシーズンとなったけど、ここ数戦はステップ・バイ・ステップで良くして行くことができ、今日はこの流れを決定的なものにした。この表彰台で、バレンシアにはリラックスで乗り込める。楽しもう」と、会心の笑みで振り返った。

Tags:
Moto3, 2012, AIRASIA AUSTRALIAN GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›