Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行3:P.エスパルガロが最速リズムを刻む

フリー走行3:P.エスパルガロが最速リズムを刻む

初日総合2番手のエスパルガロが、最速リズムで周回を重ね、サーキットベストラップを更新。イアンノーネ、コルシ、マルケス、エジャーターが続き、初日総合15番手の中上が1.1秒差の8番手に浮上。高橋と小山は、22番手と24番手だった。

最終戦バレンシアGPのフリー走行3は10日、リカルド・トルモ・サーキットで行われ、ポル・エスパルガロがトップタイムをマーク。フリー走行総合トップに躍り出た。

気温18度。路面温度17度のドライコンディションの中、初日総合2番手のエスパルガロは、1分36秒台を5回、1分35秒台を4回記録。サーキットベストラップを更新する1分35秒369の1番時計を刻んだ。

初日総合4番手のアンドレア・イアンノーネは、1分36秒台を5回記録して、0.743秒差の2番手。

フリー走行2の転倒で初日総合26番手だったシモーネ・コルシは、1分36秒台を10回記録して、0.880秒差の3番手。

フリー走行2を制して初日総合1番手マルク・マルケスは、1分36秒台を4回記録した後、15ラップ目に転倒を喫したが幸い大事には至らず、0.964秒差の4番手に後退。

初日総合9番手のドミニケ・エジャーターは、1分36秒台を4回記録して、1.106秒差の5番手。ニコラス・テロール、トーマス・ルティが続いた。

初日総合15番手の中上貴晶は、1.154秒差の8番手。エステベ・ラバット、ブラドリー・スミスがトップ10入り。

初日総合18番手の高橋裕紀は、1.734秒差の22番手。初日総合25番手の小山知良は、2.089秒差の24番手だった。

Tags:
Moto2, 2012, GRAN PREMIO GENERALI DE LA COMUNITAT VALENCIANA, FP3

Other updates you may be interested in ›