Tickets purchase
VideoPass purchase

ロレンソはタイムアタックで2番手、中須賀は16番手

ロレンソはタイムアタックで2番手、中須賀は16番手

今季BMW・M・アワードとポール・トゥ・ポールズを制覇したロレンソが、今季14度目の1列目を確保。中須賀は、1番グリッドから昨年6位に進出したレースの再現に挑戦する。

ヤマハ・ファクトリー・レーシングのホルヘ・ロレンソは、最終戦バレンシアGPの公式予選で2番時計を記録。10戦連続14度目の1列目を確保すれば、中須賀克行は16番時計。明日の決勝レースを6列から迎える。

フリー走行3で1.263秒差の6番手だったロレンソは、公式予選で1分32秒台を最多の11回、1分31秒台を3回記録して、0.351秒差の2番手に入り、10戦連続14度目の1列目を確保した。

「明日は接戦のレースになりそうだ。ダニはドライだけでなく、ウェットでも非常に強い。ウェットレースになりそうだ。最後のリアタイヤでポールポジションを獲得するために全てを尽くしたけど、ダニのラップを期待していなかった。」

「とにかく、2番グリッドはグッド。重要なのはレース。もしかしたら、明日の歴史は違うかもしれない」と、シーズンのラストレースに向けて気持ちを切り替えた。

午前のセッションで3.234秒差の15番手だった中須賀は、午後のタイムアタックで1分34秒台を6回、1分33秒台を1回記録して、3.135秒差の16番手。昨年15番グリッドから6位に進出した再現を狙う。

Tags:
MotoGP, 2012, GRAN PREMIO GENERALI DE LA COMUNITAT VALENCIANA, Jorge Lorenzo, Yamaha Factory Racing

Other updates you may be interested in ›