初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.ドビツィオーソ、ドゥカティからテストデビュー

A.ドビツィオーソ、ドゥカティからテストデビュー

今季サテライト勢の最高位となるランク4位に進出したドビツィオーソが、ドゥカティからテストデビュー。天候に恵まれなかったが、2日間で72ラップを周回した。

2012年シーズンのランク4位に進出したアンドレア・ドビツィオーソは、来季所属するドゥカティ・チームからオフィシャルテストに参加。テストデビューを果たした。

モンスター・ヤマハ・テック3でのラストレースとなった最終戦バレンシアGPでは、6番グリッドから3ラップ目にトップに躍り出たが、5ラップ目にスリックタイヤを装着したマシンに乗り換えたことから19番手に後退。13人を抜いて、6位でフィニッシュ。クラス唯一となる全戦完走を果たした。

オフィシャルテストの1日目は、7度のコースインで41ラップを周回。セッション開始早々の10時過ぎにスタートした最初のコースインのみ、スリックタイヤを履いて、3番時計を記録すれば、2日目は15時30分過ぎから4度のコースインで31ラップを周回。最後のコースインで1分33秒台を5回記録して、0.916秒差の6番手だった。

「雲に覆われた中で、僅か1時間半。ウェットパッチがあったから、このトラックコンディションでは、ドライで最初の印象を得るには難しかった。」

「沢山のことを変更する機会ではなかったから、完璧な調整ができなかったけど、ラップタイムはすごく良かった。フィーリングも良かった。もちろん、バイクの乗り換えは大きな変更で、全てを理解するには時間が必要。次のヘレスでは好天候に恵まれることを期待する」と、初テストの感想を語った。

ドゥカティ・チームは、11月28日から3日間、ヘレス・サーキットで年内最後のテストを実施する。

Tags:
MotoGP, 2012, Andrea Dovizioso, Ducati Team

Other updates you may be interested in ›