Tickets purchase
Videopass purchase

J.ロレンソがミラノモーターサイクルショーを訪問

2日間のテストを終えた2012年王者のロレンソが、欧州最大のモーターサイクルショーを訪問。ヤマハ・ブースで、ファンとの交流を楽しんだ後、将来とチームに復帰したロッシについて語った。

ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームのホルヘ・ロレンソは15日、EICMAミラノモーターサイクルショーにゲスト出演。レジェンドライダーのジャコモ・アゴスチーニから特別デザインの大型スクーター、TMAX530をプレゼントされた。

バレンシアのリカルド・トルモ・サーキットとモーターランド・アラゴンでのテストを終えた後、イタリア・ミラノに移動。欧州最大のモーターサイクルショーが開催されているミラノ国際見本市会場に足を運び、会場に駆けつけたファンとの交流を楽しんだ。

メディア対応では、「あと2年は走る。その後のことは様子を見よう。15年間すごく楽しかったけど、このスポーツが習慣になってしまった。マルコ・シモンセリの死亡は、みんなにとって強烈な衝撃で、僕たちに起きてしまうことだと考えさせられたけど、危険はこのスポーツの一部であることは分かっている」と、2年間の契約満期後のことは見て行であることを説明。

チームメイトに復帰したバレンティーノ・ロッシに関しては、「ヤマハ、バレンティーノ、僕にとって良いこと。より速く走るために僕をプッシュしてくれるだろう。彼が喜んでいるところを見た。M1は走りやすいバイク。ストロングになるだろう。ストーナー以外はドゥカティにバイクで誰も成功しなかった。何かが上手く行かないのだろう」と、語った。

ロレンソは、スペインに帰国して、19日に出身地のマヨルカ島でタイトル獲得を報告する。

Tags:
MotoGP, 2013

Other updates you may be interested in ›