Tickets purchase
Videopass purchase

ルーキーズカップ王者バルダッサーリが世界舞台に進出

2011年にルーキーズカップを制覇した後、スペイン選手権で1年間経験を積んだバルダッサーリが、ホンダ・グレシーニから世界舞台に進出することが決定した。

ゴー・アンド・ファン・ホンダ・グレシーニは26日、2013年にイタリア人ライダー、ロレンソ・バルダッサーリを起用することを発表。ニッコロ・アントネッリと合わせて、2人体制でMoto3クラス2年目に挑戦する。

Moto3クラス1年目に2011年イタリア選手権王者のアントネッリを起用すると、17戦中13戦で完走、5戦でシングルフィニッシュを達成してランク14位、新人勢の中で4番手に進出。

2年目に向けて、2011年レッドブル・ルーキーズ・カップのチャンピオンに輝いた16歳のバルダッサーリを指名。今季はチーム・エストレージャ・ガルシア・0.0からスペイン選手権に初参戦すると、ホンダのNSF250Rを走らせて、ランク8位に進出していた。

サンマリノから南に約160キロに位置するサン・セヴェリーノ・マルケ出身のイタリア人ライダーは、「今日は素晴らしい1日だ。夢が叶った。希望できる中で最高の選択。経験豊富なグループの中で沢山学び、成功を積み上げて行きたい」と、抱負を語った。

スペイン選手権からは、アレックス・マルケス、フランセスコ・バグナイア、フィリップ・エッテル、フアンフラン・グエバラ、ジョン・マックフィー、渡辺日向、アナ・カラスコに次いで8人目となった。

Tags:
Moto3, 2013

Other updates you may be interested in ›