Tickets purchase
Videopass purchase

ホンダ・グレシーニ、CRTにスターリングを指名

ドゥカティのテストライダーに就任したピロの後任にスーパーストック1000で頭角を現した豪州出身のスターリングを指名。Moto3チームに引き続き、MotoGPチームの体制も決定した。

ゴー・アンド・ファン・ホンダ・グレシーニは27日、2013年にブライアン・スターリングを起用することを発表。CRTマシンを走らせることが決定した。

オーストラリア・クイーンズランドのゴールドコーストを拠点に構え、2年目のFIMスーパーストック1000でランク4位に進出した25歳のスターリングは、スーパーバイク世界選手権にスポット参戦した経験があり、同胞の同選手権王者トロイ・ベイリズのアドバイスを受け、一緒にトレーニングを積む。

「MotoGP参戦は常に遠く、あそこへの到達はほぼ不可能だと思っていた。今、実現の機会がある。信じられない。夢の現実。キャリアで最高のチャンスだ。まだ学ぶことが沢山あり、要求に応えるために全力を尽くす。バイクの乗れる感動を想像することができない」と、初参戦の興奮を語った。

チームマネージャーのファースト・グレシーニは、「ブライアン・スターリングの加入により、MotoGPチームの体制が決まりました。バレンシアでのラストレースで名誉なリザルトを獲得して、オーストラリア出身のヤングライダーが我々のプロジェクトを継続します。彼はスーパーストック1000で3勝を挙げ、確かな戦闘力を証明しました。我々のFTR‐ホンダで重要な目標を達成すると確信します」と、期待を語った。

Tags:
MotoGP, 2013

Other updates you may be interested in ›