初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

M.マルケス、会心の笑みでテスト終了

M.マルケス、会心の笑みでテスト終了

バレンシアのオフィシャルテストに続き、セパンでも雨に見舞われ、予定していたテストプログラムを完了できなかったマルケスだったが、3日間で約6レースに相当する距離を走行。コンスタントな進歩に満面の笑みを見せた。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは28日、HRCがセパン・インターナショナル・サーキットでオーガナイズした3日間のプライベートテストを終了。合計127ラップを周回した。

バレンシアのオフィシャルテストに続き、来季の最高峰クラス初挑戦に向けて、RC213Vへの順応を目的に、ドライコンディションでの走り込みに専念。最終日の午後にロングランを計画していたが、16時30分から雨が降り始めたことから、次回に持ち越しとなった。

「今日は沢山のことを試した。幾つか機能しないことは分かっていたけど、2月のテストに向けて方向性を決めるためのアイデアを得るために、分析することが重要だった。全体的には、ラップタイムがすごくコンスタントで、グッドなリズムだったから嬉しい。最後にロングランを予定していたけど、雨が降ってしまった。」

「体力面に関しても嬉しい。次のテストに向けて、もっと強力になるために冬の間にトレーニングをする必要があると思う。全体的には体調は良い。10ラップの連続走行もコンスタントに走れ、強さを感じた。」

「今回はグッドなテストとなり、日増しに良くなったと思う。2ヶ月後に他のライダーたちがここに戻って来るのを待たなければいけない」と、次回のテストに期待を膨らませた。

マルケスは、2月5日からのオフィシャルテストに参加するため、約9週間後に当地に戻って来る。

プライベートテスト
3日目: 2分01秒56 (41ラップ)
2日目: 2分01秒355 (60ラップ)
1日目: 2分03秒65 (26ラップ)

サーキットレコードラップ‐C.ストーナー: 2分02秒108 (2007年)
サーキットベストラップ‐J.ロレンソ: 2分00秒334 (2012年)
非公式ベストラップ‐C.ストーナー: 1分59秒607 (2012年オフィシャルテスト)

Tags:
MotoGP, 2012, Marc Marquez, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›