初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.デアンジェリス、負傷から復帰&スピードアップ初走行

A.デアンジェリス、負傷から復帰&スピードアップ初走行

左手薬指の手術から1ヶ月後、チームに合流したデ・アンジェリスが、アルメリアで3日間のプライベートテストを実施。FTRをベースに元アプリリアのエンジニアたちが改良したスピードアップを初めて走らせた。

NGM・モバイル・フォワード・レーシングのアレックス・デ・アンジェリスは、先週末にスペイン南部のアルメリア・サーキットで3日間のプライベートテストを実施。来季使用するスピードアップを初めて走らせた。

第16戦マレーシアGPで今季初優勝を挙げた後、第17戦オーストラリアGPの公式予選でシーズン自己最多となる16度目の転倒を喫した際に、左手薬指を骨折、擦過傷、靭帯損傷を負ったことから、10月28日にメルボルン市内の病院で整復固定手術を受け、最終戦バレンシアGPを欠場。

リカルド・トルモ・サーキットでのオフィシャルテストとアルメリア・サーキットでのプライベートテストを見送ったが、ウインターブレークを直前に控えた今回のテストに参加。

手術から1ヶ月後、まだ完治していないが、初日に今季使用したFTRを走らせると、2日から2013年型のFTRと2012年型のスピードアップをテストした。

「まだ指が治っていない上、サーキットの知識がなかったから難しいテストとなった。1日目にFTRに乗り、2日目からスピードアップを試した。ケガが原因で速く走れず、正真正銘のポテンシャルを理解できなかったけど、アクシデント後で体調を確認することができたのは良かった。」

「来季僕たちが使用するスピードアップを走らせ、シモーネ(・コルシ)が今回のテストで速かったことを確認した。バイクのフルポテンシャルをテストで引き出せなかったけど、グッドなバイクだと言うことができる。2013年に向けて100%で始められる大量のデータを収集した」と、来季に向けての初テストを振り返った。

Tags:
Moto2, 2012, Alex de Angelis, NGM Mobile Forward Racing

Other updates you may be interested in ›